スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカの群れに遭遇♡

14時出航 ByeBye、トンヘ また4日後に戻ってきま~す。

さて、再び船上生活。トンヘからウラジオストクまでは、丸1日、24時間かかります。
日本に1番近いロシア=ウラジオストク、成田から2時間あれば行けるのに、私たちはトンへ経由で2日かけて行くわけで。。。船旅の魅力を知らない人には、時間の無駄に感じるだろうけれど、むしろこの船上での時間こそが、私の1番好きな時間なのです

しばらくデッキで、遠ざかる朝鮮半島を眺めつつ、風を感じながらみんなでおしゃべり
雲を眺めながら、何の形に見えるか…あれは犬っぽいとか、スヌーピーになってきたとか、見える~・見えな~いと、騒いでいました
良い仲間だなぁ~ この歳になって、雲の形をみんなで議論するなんて、普通ないよね。みんなで空を見上げることすらしないもん。それが普通にできてしまう船旅、そしてこのメンバー。何て貴重な時間を過ごしているんでしょう

韓国からウラジオストクへ
船尾の航路を眺めるのも好き

片手にマッコリ、片手におやつを持ちながら、ふと思い出すゲーテの言葉。
 空気と光とそして友達。これだけが残っていれば、気を落とすことはない 
ホント、そうだよね~。気が沈んだ時に、今日のこの光景を思い出せば、生きていけるな~、私

3大要素の「光」を堪能していましたが、8月の光を浴び続けると、海の上とはいえ、熱中症になりそうなので船内へ。
階段付近で、こんなポスターを見つけました
WANTED!
WANTED この写真のスタッフさんを探せば、先着3名様にプレゼントがもらえるそうです。
はなちゃんとさらんちゃんに手伝ってもらって、犯人確保 不思議な味のジュースをもらいました(美味しかったよ)

売店の横では、カルメラ焼きを作っていました。本当は船のスタッフさんが作ってくれるんだけど、やりた~いってくみちゃんが言うので、作らせてもらいました。
くみちゃんとロクちゃんの、初めての共同作業~
カルメラ作り

小さなフライパンに砂糖を入れて、火にかけてかき混ぜると、砂糖が溶けてそのうち茶色になります。茶色くなったら魔法の粉=重曹を投入~。一気にぷく~っと膨らむので、火から降ろし、模様の型を押し当てて出来上がり
日本ではぷっくりしたまま食べるのが主流だけれど、韓国ではせんべいのようにぺたんこにします
カルメラ作り
こんなんできました~
温かいうちは、口の中でホロホロ溶けるようだったけれど、冷めるとシャリシャリ食感でした。
砂糖の塊なので、非常に甘いです。そして、ちょっと焦がし過ぎて苦い…

子供ちゃんたちは、部屋でUNO。でも、ベッドの上だから広げにくいよね~。
イースタンドリーム号の部屋でUNO
狭いので、2階のパブリックスペースに移動して、大人も参戦 人数増えたら、全然終わらないわ

日が沈んできたので、デッキに夕日を見に行きました。
日本海の夕日
2時間前は、あんなにギラギラと照りつけていたのに、オレンジの柔らかい光になると、何だか切なくなるなぁ~

ちあきっちとデッキでボーッとしていたら、近くにいたMr.Beanに似たおじ様が、私たちに向かって指をパチパチと鳴らして、海を指差して何か言っていました。
 何
近づいて行くと、「ドッフィー、ドッフィー」って。ドッフィーって何語
・・・海のドッフィー  ドルフィン 
そう、そこには船と並行して泳ぐ、イルカの群れがいました。
ついにイルカに出会えた~ 地球1周クルーズに乗船しても、イルカに出会えなかったのに。
写真を撮りたくても、一度潜ると何処から現れるかわからないから、なかなか撮れない~ 結構な数のイルカがいるのになぁ~。
ならば動画で しか~し、イルカを追っかけすぎて、ブレブレで気分悪くなりそうな映像しか撮れませんでした。



イルカって船と遊んでいるのかな、それとも、たまたま船の近くにいた魚を狙って寄ってきたのかな
遊んでいるんじゃなければ、こんなに広い海で、あえて船の真横で泳がなくてもいいような気がするんだけど。
たった3分程でしたが、イルカとの幸福な時間でした Beanおじさん、ありがとう~
後でBeanおじさんに、Спасибо:スパスィーバ(ロシア語でありがとう)って言いに行ったけれど、この方、フランス語を喋っておられました。Mercibeaucoup

晩ごはんは、レストランのビュッフェへ。韓国料理がメインですが、和食も若干並んでいました。
DBSクルーズ晩のビュッフェ
結構、種類が多いわ~。辛そうなお料理は飛ばしたけれど、まだまだ種類がありました

さぁ、いただきま~す(1回目)
DBSクルーズ晩のビュッフェ
結構美味しい~。ネットでは評判悪かったけれどね、そんなことないよ。
後2回、おかわりしました

食事中に窓が真っ赤になったので、船首に出てみると、ちょうど日が沈む瞬間でした
日本海の夕日

空の色が刻々と変化していきます。
日本海の夕日

そして、またイルカが現れました。今度は大きいイルカが1頭
船の横でお腹を見せてジャンプして、そのまま海に潜ってしまいました。
みんな大歓声
イルカって、本当に愛されている動物だね。

ウラジオストクまで、あとまだ18時間~。


ライブに流れ星、船旅満喫に続く
関連記事

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

サイトマップ(記事一覧)
プロフィール

kenny.A

Author:kenny.A
トラベル・トラブルなんでもこ~い(^ω^)
旅をこよなく愛するkennyの旅ログです♪
旅への飽くなき執念で、仕事の
合間に短期旅行を続けています。
諦めるなかれ、社会人!!
思い立ったら吉日。
このブログが、旅への一歩となりますように。

詳細プロフィールはこちら

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。