フランクフルトの贅沢な美術鑑賞

午後からも、フランクフルトのミュージアムを巡ります

まずは、大聖堂へ。
フランクフルト大聖堂

全くノーマークでしたが、「神聖ローマ皇帝の選挙と戴冠式」が行われた、めちゃくちゃ歴史のある大聖堂でした
ここで神聖ローマ帝国にゆかりのある教会に出会えるとは思っていなかったな~。
ヨーロッパの歴史は深いです

しかし、教会の中で騒ぎまくる、アホっぽそうな学生の団体がいたので、ゆっくりできず…

大聖堂の隣に「ドーム博物館」があったので、入ってみました(こちらもミュージアムパス対象)
教皇のマントや装飾品、昔の建物の一部やステンドグラス等が、展示されていました。
歴史ある大聖堂が、戦争で壊滅的な被害にあっていたのね。今は修復されて綺麗になっているとはいえ、戦争とは本当に愚かな行為です

続きまして~「シルン美術館」へ。ここは企画展のみを行なっている美術館です。
「ich」展と「Joan Miró」展の2つが、会期中でした。
ichは何かよくわからないけれど、Miróは嬉しい

まずは「ich」展から。
シルン美術館のich展
真っ白な部屋に、黒いきゅうりを立てたようなモノがたくさん。
やはり、現代美術はよくわからないわ~ 他の作品も、何が言いたいのかよくわからん…。
ほ~、へぇ~…と、不思議な作品たちをササ~ッと鑑賞。

次は「Joan Miró」展へ。
みて この贅沢な鑑賞方法絵文字
シルン美術館のミロ展
ミロの青の世界を前に、ドーンと座って鑑賞。
ドイツの美術館は、入口に椅子が置いてあって、自由に使っていいんです。でもまさかこんな鑑賞の仕方をするなんて、思ってもみなかったわ

この男性は、ミロの世界に入り込んでいるんだろうな~&アンタは良いけど邪魔だよと思いながら、後ろから見ていたら…、あれ スマホ触ってるやん
スマホ触るぐらいなら、そこどきなさいよ。なんという自己中なっ
この国のマナーというもんが、本当によくわかりません…。

若干イライラしながら鑑賞していましたが、荒れた気持ちをほぐしてくれる、不思議な柔らかいミロの世界
シルン美術館のミロ展
ほんわか楽しい気分になれました、ミロ、ありがとう

ミュージアム内はだいたいどこでもwifiが繋がるので、会社のメールを忘れずチェック。
今17時だから、どっちみち、今日の営業は終了してるか。返信はホテルに戻ってからにしましょっ

シルン美術館を出ると、すぐ横がフランクフルトのメイン広場であり、1番の観光地「レーマー広場」です。
ドイツらしいメルヘンな建物ですが、曇り空なので写真はまた明日

まだまだ、ミュージアム巡りは続きますよ
レーマー広場のちょっと南にある「歴史博物館」へ。
フランクフルト歴史博物館

この建物は、カルメル修道院に別館を追加してできた、中世(後期ゴシック様式)と近代の融合建築です。
中は、先史時代~ローマ・中世・現代まで、考古学資料や遺品の展示がいっぱい。1F奥には、発掘現場のような状態で、昔の建物跡が残っていました。
へぇ~これはいつの時代の何だろう~と思って解説を見ても、ドイツ語と英語なのでよくわからない 絵画と違って「感じるもの」ではないので、解説が読めないと、少々退屈です

この展示なら何の王冠かわからなくても、見てるだけでうっとり~
フランクフルト歴史博物館

でもこの博物館、全く人がいなくて逆に怖かったです。警備員さんも暇すぎて私の後を付いて回るし、しかもブツブツ独り言を言ってるし
ここで殺されても誰も見てないや~ん って、殺されるはずもないけれど…。

照明が暗くて、歩き疲れて眠くなってきました… 観賞用の椅子があったので、ちょっとウトウト。この階には警備員さんすらいないので、のんびりできました。
フランクフルト歴史博物館

1時間程で鑑賞終了。外に出たら18時、まだ明るいね
もう1つ、行きましょう~ 今日は20時まで開いている「モダンアート美術館」へ。

何を主張したいのかわからないけれど、現代美術は発想の奇抜さがおもしろいです
モダンアート美術館

どっかの部屋からは、耳が気持ち悪くなるような音が聞こえて来るし、最近は映像系の展示も増えて、ますます進化している感じがします

こちらも1時間程で終了。だんだん寒くなってきたし、そろそろホテルに戻ろっかな。
モダンアート美術館から、大型デパートが立ち並ぶ「ツァイル」通りを歩き、フランクフルトの有名人「ゲーテ像」の前へ。
ゲーテ像
後ろのビルは、フランクフルトで最も高い「コメルツバンク・タワー」
この辺りは、金融都市らしい、高層ビルが多いです

高級ブランド店の並ぶ「ゲーテ」通り、旧オペラ座の前を通り、
フランクフルト旧オペラ座

公園を通ると、こちらもドイツの有名人、劇作家「シラー像」
シラー像

そして、シラー像の向かいに、野うさぎがいてたよ~
フランクフルトの野うさぎ
近づいたら逃げてしまったけれど、10羽程いてました。こんな都会に野うさぎがいるなんて

ホテルの近くまで戻ってきたので、晩ご飯にしようとお店を物色したけれど、なんかねぇ…、この辺りはイスラム系の人が多いから、お店もハラル料理が多く、メニュー見ても、どんな料理かよくわからないのよね
で、アジアの女1人…容赦なくジロジロ見られるし、お店に入る気が失せて、一旦部屋に戻りました。

一息ついたら、今更また外に出るのが嫌になって、甥っ子たちへのおみやげの「おかき」を少しだけ食べて、晩ご飯終了 なんて質素な旅… お昼もソーセージとパンだけだし、痩せてしまいそうやわ。
1人旅は食事に困るなぁ~。日本でも、なかなか1人でお店に行けないタイプだから

やっぱりまだ寒いので、熱めのシャワーを浴びて、ダウンジャンバーを着たまま、22時前には就寝。
今日は両サイドのお部屋が静かだ~、よく眠れるわ


ゲーテ・ゲーテ。ゲーテだらけのフランクフルト観光に続く
関連記事

テーマ : ドイツ旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

サイトマップ(記事一覧)
プロフィール

kenny.A

Author:kenny.A
トラベル・トラブルなんでもこ~い(^ω^)
旅をこよなく愛するkennyの旅ログです♪
旅への飽くなき執念で、仕事の
合間に短期旅行を続けています。
諦めるなかれ、社会人!!
思い立ったら吉日。
このブログが、旅への一歩となりますように。

詳細プロフィールはこちら

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード