コスタ・ビクトリアに乗船!

瀬戸内国際芸術祭の旅から帰って来て、2日半働いて、また旅へ
今年の夏は、さすがに旅しすぎっ。でも、旅のお誘いは、断らないのがモットーですから

7月の中頃に、岡山のさっちゃんから「コスタビクトリアに安くで乗船できるから行かない」と連絡があり、詳細を確認すると、1部屋2人で使えば、大人1人あたりが半額になるらしい。つまり、さっちゃん家族は3人、私が入ればちょうど4人で、とってもお得ってわけ
日程的にも半休を取るだけで行けちゃうし、お盆休みは特に予定ないし、会社に有休申請も出さずに、参加表明をしてしまった まっ半休だけだから、事前許可取るほどでもないけれど。

と言うわけで、8月10日~15日まで、舞鶴→金沢→境港→釜山→博多→舞鶴の「日本海周遊5泊6日コース」を、イタリア船籍の「コスタ・ビクトリア」で旅しま~す
メンバーは、さっちゃん、ロクちゃん(旦那さん)、サランちゃん(小学3年生の娘ちゃん)と私。
しょっちゅう一緒に旅をしている仲間なので、親戚のオバサン的感覚で

4人の楽しい旅~の予定でしたが、出発前に「そう言えば、私の母と甥っ子も乗るから」とさっちゃんからメールが
めちゃめちゃ、家族旅行や~ん 参加していいの、私
甥っ子(ユナ君)からしたら「誰、このオバサン…」だよね。
船旅って、ずっと一緒に行動するわけじゃないから、私は別にいいけれど(さっちゃんママにもお会いした事あるし)
そんなわけで、さっちゃん一族with私の6人の旅、スタート


8月10日(水)
14時に会社を出て、難波OCATのバスターミナルから西舞鶴へ。
の予定でしたが…。
大学時代の友達が梅田で集まってると連絡があったので、ちょっと顔を出して(到着して20分程でお開きになったので、行った意味はなかった…)、昼食をササッと済ませ難波へ、そして16時半のバスに乗車
2台のバスが運行していたから、みんなコスタビクトリア乗船かなと思っていたのに、西舞鶴駅で下車した人は殆どいませんでした。
あら、皆さんどちらへ行かれるのかしら。帰省かな、ビーチかな 案外、乗船者少ないのかな。

途中、かなり渋滞していたのに、18時22分、定刻ぴったりに到着。スゴイ
西舞鶴駅まで、ロクちゃんが車で迎えに来てくれていたので、駅からコスタビクトリアが停泊している舞鶴港(西港第2埠頭)まで、快適に移動できました。ロクちゃんの車がなければ、タクシーしかなかったので

港に到着、こちらが「コスタ・ビクトリア」ですっ
コスタビクトリア全景
駐車場からだと、キレイに全体像が見れました。近づくと写真にはおさまらない大きさだからね。

乗船手続きを済ませ、入り口でロクちゃんと私の夫婦写真を撮られ、船内へ。

入り口まで迎えに来てくれていたさっちゃんに、私たちのお部屋「9階:90423号室」に案内してもらいました
私とさっちゃんが9階、ロクちゃん&サランちゃん、さっちゃんママ&ユナ君が10階(隣同士)。
6人(3部屋)で申し込んだのに、私たちの部屋だけ階違いなのね SALE部屋だから、3部屋横並びはなかったのかな。

こちらが、私たちのツインルームです
コスタビクトリア内側ツインルーム
思ったよりも狭かった… キレイだけどね、ベッドとベッドの間が狭く、それ以外のスペースがほとんどないから、さっちゃんの大きなスーツケースを広げる場所がない
幸い私の小さなスーツケースは、台の下のちょっとしたスペースにおさまりました。
でも、狭い以外はgood キレイに掃除してあるし、洗面所とシャワールームは、使い勝手が良さそう。タオル・バスタオルも1人3枚置いてあるので便利

19時前。早速ですが、DINNERにしましょう~
11階のレストランに行くのに、まずどこにエレベーターがあるのか、どこのエレベーターが近いのかもわからない~ とにかく広くて、全貌を掴むには歩き回らないとわからないわ。

右往左往してレストランにたどり着き、6人揃って晩ご飯で~す
ここでさっちゃんママとユナ君にご対面。6日間よろしくです

11階はビュフェスタイル。イタリアンメニューが中心かと思っていたけれど、和洋折衷、いろんな料理がありました。(ベジタリアンメニューもあるよ)
11階ビュッフェ

ひとまず、イタリアンっぽいメニューをいただきます
11階ビュッフェ
サラダの種類が多くて、めっちゃ嬉しい

スイーツは、かわいいスワンシュークリームと絶品プリン
11階ビュッフェ
やばい、これは毎日食べ過ぎるわ~

船内プログラムは、船内新聞「Today」に記載されています。
コスタビクトリア船内新聞

さてさて、今晩は何があるのかな~
あぁ、今日「浴衣デー」なのね。一応浴衣は持ってきたけれど、まだ船の様子がわからないから、浴衣着る気にならないなぁ

その前に、21時から避難訓練か。
と思って、デッキに出ていくと、もう終わっていました。20時からだったらしい
船内新聞と、旅行会社からもらった案内と、微妙に違うんだよなぁ…。

避難訓練なんてしなくてもOKでしょと思っていたのに、明日の朝にもう一度避難訓練をするから、必ず出席しなさい、出席しないと金沢で下船できませんと通告が来ました。厳しいのね~
まぁ、それもそのはず、コスタビクトリアの姉妹船「コスタ・コンコルディア」は、地中海で座礁事故を起こし、船長が救助せずに逃亡して有名になったもんね
さすがに、あの事故以降、安全対策には気を配っているんでしょう~。

しばらく部屋でさっちゃんと喋り、荷物等を整え、21時45分から始まる「縁日パーティー」へ。
11階のプールデッキは、日本の夏祭り風。
コスタビクトリア浴衣パーティー
思った以上に人に乗船者がいた~。お盆休みだから、家族(子供)が多いね
あまり人に会わないし、乗船客が少ないのかと思ってたわ。

縁日パーティーは、ノリノリな司会者の挨拶と共に、氷の彫刻の実演から始まりました
何ができるか当てた人には、プレゼントが貰えるらしい~。
けれど、氷の前には人だかりが出来ていて、全然見えない 流石に子供を押しのけてまで見に行く勇気もなく(真ん中がプールだから、下手したら落ちるし)、遠巻きで見ていました。

22時。ボ~ボ~と言う汽笛と共に、ゆっくり出航。
まだ彫刻実演は続いていて、出航のイベントはないのね。あら、もう動いてるって感じ
月がキレイで、舞鶴湾は穏やかで、騒がしい縁日パーティーより、デッキから海を眺めてる方が、私には良かったです。

しばらくして、彫刻が出来上がりました。
氷の彫刻
光って見えにくいですが「鷹」だそうです。言われてみれば…、って感じかな。
いや、上手だけどね、短時間で作り上げるんだから。しかし、さほど感動しないのはなんでだろ~

ビールの冷やし方の方が、芸術性を感じるわ~
コスタビクトリア飲み物の冷やし方

ほどなくして、フルーツパーティーが始まりました。
とんでもなくかわいくカットされたフルーツがいっぱい
浴衣パーティーのフルーツ

ケーキもあります
浴衣パーティーのケーキ

こんなにたくさんあるなら、夜ご飯をもう少し減らしておくんだった~~
欲張り過ぎてもいけないので、ちょっと控えめに。
浴衣パーティーのフルーツ
毒々しい色のケーキもありましたが、基本的にどれも全部美味しかったです

まだデッキではパーティーが続いていましたが、早くこの船の全貌を掴みたいので、サランちゃんとひたすら船内を歩き回りました
私たちの部屋は、船の後ろ側のエレベーターを使った方が近くて、11階のレストランとプールデッキも後ろ側から。インフォメーションと下船口は、前方だから、前のエレベーターがいいね。
今日はこれだけ覚えたら、まぁいいか
最後にデッキ後方のできるだけ暗い所で、サランちゃんと星を見て、12時前に部屋に戻り、お風呂に入って就寝

明日の朝には、もう金沢入港だね。久しぶりの金沢、どこに行こうかな~


お久しぶりの金沢観光に続く
関連記事

テーマ : 船の旅(クルーズ)
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

サイトマップ(記事一覧)
プロフィール

kenny.A

Author:kenny.A
トラベル・トラブルなんでもこ~い(^ω^)
旅をこよなく愛するkennyの旅ログです♪
旅への飽くなき執念で、仕事の
合間に短期旅行を続けています。
諦めるなかれ、社会人!!
思い立ったら吉日。
このブログが、旅への一歩となりますように。

詳細プロフィールはこちら

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード