スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白ワインの王様シャブリ(Chablis)へ

ランスからシャブリまで高速と地道を走り、約2時間半。天気が良くて、気持ちが良い1本道
フランス道路
こんな道だったら、私も運転したいな~

この辺りは、本当にぶどう畑が多いです どこを見ても、ぶどう・ブドウ・葡萄
シャブリのブドウ畑

そして、シャブリに近づくと、ぶどうしか見当たらな~い
ここは日当たりが良いから、グラン・クリュ(特級のぶどう畑)かな~。
シャブリのブドウ畑

シャブリに到着したのが13時半過ぎ、早速ワイン巡りをしたいところですが、まずはランチができるお店を探しましょう~(姪っ子ちゃん、お腹がすいてご機嫌斜めモードです

この街も、BARが多いのよね~、小洒落たお店もカジュアル店も、ワイン前提のメニューが多くて…
フランス語のメニューしかないお店も多く、子供が食べられるメニューがあるのかわからないよ。
あっちうろうろ、こっちうろうろ。その間に、私はしっかりワイン屋さんをチェック
後で買いに来よう~

駐車場のすぐ近くにあった、雰囲気があまり良くないお店に入ると、ランチはもう終わっていて、この時間は「Chablis Bar(シャブリバー)」しか開いてないよと言われました。
14時過ぎって、もうお店閉まっちゃうのね 軽食しかなさそうなお店だけど、仕方ないか。

胃もたれ中ですが、私はクロックマダムを注文。
意外と言っちゃ失礼だけど、見た目よりもあっさりしていて、美味しかったです
シャブリバーChablis BAR

それより、この白ワインがすごく美味しくて
グラス1杯で2.5UERぐらいなのに、この美味しさは、さすがシャブリ
帰りに、どこのワインか聞いてみたら、この近くにドメーヌがあるらしく、チラシをいただきました。
ブルゴーニュ地方では、ワイナリーのことを、ドメーヌ(Domaine)って呼ぶのね。
時間があれば、行ってみよう~

さぁ、小さな村ですが、シャブリ村の見学もしましょう~
シャブリの看板
「Chablis村」の案内版は、もちろんブドウです

この看板もかっこいいでしょ~。落書きされているけれど
シャブリの看板
ワインの村と言うより、騎士の村っぽい看板よね。

テラス席でワインを飲む陽気な大人たち。
Chablisシャブリの街
天気も良いし暖かくなってきたし、嬉しそうに大騒ぎ
この景色の中で、お昼から安くて美味しいワインが飲めたら、言うことないよね~。
一応付け加えておきますが、今日は平日です。みんな休暇中何だろうか

街自体は、結構古いようです。建物に歴史を感じます。
こちらはメイン通りから少し入った所にあるホテル。お花がいっぱいで、ストラスブールの街並みと似てるわ~。同じフランスだし、似ていても不思議ではないけれどね
Chablisシャブリの街
入口に、レストランのワインリストが表示してあるのもシャブリならではかな。

川は目を凝らさないと流れが見えないほど、ゆっくり静かに流れています。
Chablisシャブリの街
時が止まってる~~

シャブリに美味しいチョコレートが売っていると情報を得たので、多分ココだと思われるお店「 P. Sébillotte」へ。
シャブリの葡萄が入ったチョコや、シャブリのワインを練り込んだチョコなど、やっぱりワイン尽くしのチョコたち
シャブリチョコレートsebillotte
試食させてもらったら、めっちゃ美味しい~
それなりに良いお値段でしたが、母へのお土産に(←姉が)2種類のチョコを買いました。
姪っ子ちゃんには、ワインがはいっていないチョコを。
チョコで釣って、ワインショップ巡りに付き合わせる魂胆です 悪いオトナ。。。

あっちもこっちも、ドメーヌだらけ。
シャブリの看板

植木鉢もブドウだよ~。
Chablisシャブリの街

道路にも、ブドウのプレートが付いています。何を表しているのかはわかりません。
道標ではなさそうだけど…。
シャブリの葡萄のプレート

やはり、アルザス地方の影響を受けているのかな。木組みのお家がありました。
Chablisシャブリの街
だからストラスブールっぽいのね。

シャブリ到着間際に教会が見えていたけれど、この辺りにはなさそうね。ちょっと離れているのかな。
ということは、これで観光は終わり。じゃぁ、ワインショップに行きましょう~

先程ウロウロしていた時に見つけたワインショップが、品揃えが良さそうなので入ってみました。
ワインがずら~り。
シャブリのワイン屋さん
日本人ソムリエさんが雑誌でお薦めしていたワインを1本、そして、店員さんお薦めのワインを1本、合計2本お買上げ~ もっと欲しいけれどガマン まだ2日目ですよ。

「ワイン協会」が近くにあるとネットに書いてあったので行ってみると、協会ではなく大きなドメーヌでした。日本語訳がおかしかったのね。
協会だから、いろんなドメーヌのシャブリワインが集まっている所かと思ったよ

時間は押していましたが、協会で肩透かしを食らったので、Chablis BARで飲んだワイン「Domaine Besson(ドメーヌベッソン)」に行ってみることにしました
車で5分程。ここかぁ~。倉庫みたいだけど…、ここで合ってるみたい。
Domaine Besson ドメーヌベッソン

鍵はかかっていないけれど、ピンポンを押しても返事なし、開けてみても誰もいない
鍵をかけずに帰るってことはないだろうし、建物のどこか、もしくは、近くにいてそうだけどねぇ~。
時間もないし諦めて帰ろうとした時、遠くでおじさんが叫んでいる声が聞こえました。
私らに言ってる 犬に叫んでる

声の主は、斜め向かいの倉庫(と言っても結構遠い…)にいるおじさん。
何か言いながら車に乗ると、こちらまで走って来られました。やはりこのドメーヌの方でした
フランス語で喋りかけられたけれど理解できない私たちを見て、英語がわかる娘さんを呼んで下さり、娘さんにChablis BARで教えてもらって来たことを告げると、今お客さんを案内してるから、5分程待ってくれたら、テイスティングをどうぞって。うわ~、やった~

待っている間に、シェパードの「リサ」と追いかけっこ。人懐っこくてチョ~かわいい
Domaine Besson ドメーヌベッソン
甥っ子は若干ビビってます

さてさて、こちらが「Domaine Besson」のワインです。
Domaine Besson ドメーヌベッソン

全部で5種類、ランクの低いものから、テイスティング~
これで1番ランク下 美味しいやんっ お値段にして10EURほど。
この味で、Chablisで、10EUR 素晴らしいわ~。
安いから美味しくないわけではなく、ブドウ畑のランクで、ほぼワインの値段が決まるわけですから~。畑のランクと言っても、悪い畑はChablisには存在しないし、美味しいはずよね~

次のランクのワインは香りが素晴らしい~、3番目はすごく美味しい~、4番目はめちゃめちゃ美味しい~、5番目は超絶美味しい~
全部美味しかったけれど、畑のランクは嘘をつかない、グラン・クリュの1番高いワインは、香りも味も最高級でした

で、結局、私が2本、姉夫婦が6本お買上げ~。
グラン・クリュの最高クラスも1本買ったので、これはワイン通な人たちと開けたいな~

うわっ、もう日が随分落ちてしまってる~、今日はシャブリで終わりではないのよ。
ヴェズレーも観光して、ブールジュまで行かないとダメなのに
美味しいワインが買えて浮かれていたわ。さぁ、早く車に乗った、乗った
すいません、姉の旦那サマ~、お急ぎ気味でお願いします…。

本日のワイン購入本数:4本(トータルGET数6本)
まだ2日目だってばっ


*夕暮れのヴェズレー(Vézelay)とサント=マドレーヌ大聖堂に続く
関連記事

テーマ : フランス旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

サイトマップ(記事一覧)
プロフィール

kenny.A

Author:kenny.A
トラベル・トラブルなんでもこ~い(^ω^)
旅をこよなく愛するkennyの旅ログです♪
旅への飽くなき執念で、仕事の
合間に短期旅行を続けています。
諦めるなかれ、社会人!!
思い立ったら吉日。
このブログが、旅への一歩となりますように。

詳細プロフィールはこちら

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。