スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスタビクトリアの船内を楽しもう~その1

帰船後、出航までデッキで金沢の空を眺めていました
日差しが弱まってくる夕方の海辺は、最高に気持ちが良くて、窓なし部屋になんて居てられないわ。

さっちゃんママ、サランちゃん、ユナ君に、金沢のプチ旅をご報告
コスタビクトリアデッキ

岸壁では、どこかのブラスバンドクラブが、音楽を奏でてくれていました
金沢港出航

19時の出航前、夕日が沈んでいく~。金沢の街もバイバ~イ
金沢港夕焼け

19時からフェスティバル劇場に「SURREAL CIRCUS COMEDY」を観に行きました
毎晩開催される、コスタビクトリアのメインショーで、今日は、2人のパフォーマーが、笑い成分満載の大道芸を披露してくれました
なかなかのクオリティー ちょっとした演し物ぐらいにしか思っていなかったので、なおさら楽しめました。明日のSHOWも楽しみだわ(写真も動画も禁止だったのが残念)

さぁ、夜ご飯にしましょうか。
今日も11階のボレロ・ビュッフェ・レストランで、ガッツリいただきま~す
今回のツアーでは、夜ご飯はこのレストランしか利用できません。もう少し高い旅費を払えば、5階のメインダイニング:ファンタジアとシンフォニアのフォーマルディナーにも参加できるんだけどね。
でもその分安く乗船できたから、全然問題なし それに、11階のレストランは、いろんな種類があっておいしいしね
コスタビクトリア夕食
お昼はお蕎麦だけだったので、3回もおかわりしちゃった(もちろんデザートも食べたよ)

金沢からK丸さん家族が乗船しているので、デッキをうろうろしていたら会えるかな~と思っていたのに、何せ大きな船なので、全然会えない~ 小さな船なら、部屋から出ればどこかしらで会えるのになぁ
出港するとスマホが圏外になってしまい、メールも送れないんだよねぇ…。電波が届く間に連絡しておけばよかったわ
それにしても、一緒にコスタビクトリアに乗ろうって約束をしたわけでもないのに、同じ船に乗るなんて、すごい確率よね

21時45分からコンコルドプラザで始まる「ホワイトナイト」にさっちゃんと出かけました 白い服を着て、みんなで踊るパーティーです。
しかし、音量がすごいのと、ステージのお兄さんがノリノリすぎてひいてしまった…。到底このテンションにはついていけないわ
コスタビクトリア白い服パーティー
やっぱり日本人は、あんまり踊っていませんでした
ちなみに、この中の片隅にK丸さんがいたらしい~。ニアミスしてたわけね。

ホワイトナイトは5分程で退散して、スクウォーククラブにサランちゃんとユナ君を迎えに行って、お腹が空いていたわけではないけれど、全てのご飯は制覇したいので、夜食をいただきに、12階のピッツェリア・ベラ・ナポリへ。
うどん出汁と醤油ベースのラーメンスープを混ぜたような味の「キツネコーンラーメン」です
コスタビクトリア夜食
こんなメニュー、よく思いついたなぁ…。全然美味しくなかったわ

いろいろなフロアで、生演奏やビンゴ大会が開かれていますが、有料のイベントもあるので、なんとなく参加する気になれず 貧乏は貧乏なりの遊び方をすればいいわけで…。
私の1番好きなスポット:プールデッキに出てみると、ほとんど誰もいなくて、船のエンジン音だけが響いていました
コスタビクトリア夜のデッキ
夜風に吹かれながら星を眺める、この時間が1番好きです

部屋に戻り、お風呂に入って、0時半頃お布団に入ったけれど、なぜか結婚についてさっちゃんと真剣トークになってしまい、1時間近く眠れませんでした。明日は特に予定がないから、早く寝なくてもいいけれどね


8月12日(金)
8時にロクちゃんにモーニングコールをお願いしていたのに、すぐに起きずにグズグズしていたので、5階のリッチな方のレストランで朝食がとれず(5階の方が早く閉まります)、9時頃になって、毎度の11階のレストランに向かいました。
今朝も、よ~食べた 食べてばっかりの旅だわ

境港には9時に入港。ちょうど1年前、ウラジオストクに行きの船に乗るのに、境港を訪れたのよね。
あの時も、さっちゃん、ロクちゃん、サランちゃんも一緒でした 仲良し過ぎるね。
遠くの親戚より近くの他人って言うけれど…、私たち、奈良と岡山だから、近くもないかっ

コスタビクトリアは、ウラジオストク行きの国際船ターミナルとは反対側に着岸していました。
コスタビクトリア境港到着

この港の景色がですねぇ~、すこぶる悪いのですよ
境港港
国際船ターミナルの方が、ずっときれいだったなぁ…。

この港から境港のメイン観光地「水木しげるロード」に行くには、境港駅までシャトルバスに乗らないとダメだし、去年も観光したし、今日は下船せずに、船上生活を楽しむことにしました
未だに船の全貌を把握しきれていないので、上の階から下の階まで、ひたすらウロウロ。ようやく勝手がわかってきました

私たちの部屋:9階の廊下はこんな感じ。なかなか派手な配色
コスタビクトリア廊下
船が大きいので、廊下もひたすら長いです。

12階の「プールデッキ」
コスタビクトリアプールデッキ
部屋にいるより、このデッキで過ごした時間の方が長い気がする~
このベッドに横になって風を感じるのが、最高に気持ちいい~ 日焼けするけれどね。

デッキには、サッカーゲームも置いてあります。
コスタビクトリアデッキ
古典的なゲームだけれど、ついつい熱くなっちゃうのよね

12階後方の「図書室」
コスタビクトリア図書室
こんなゆったりとした部屋もあるんですよ~

11階後方の「テラスカフェ」
コスタビクトリアデッキバー
今日は、ここから大山が見えていますよ~。陸側の景色とは違ってすこぶる美しいです

いつも私のお腹を満たしてくれる、11階の「ボレロ・ビュッフェ・レストラン」
コスタビクトリアレストラン
海を見ながら食事ができて、食欲が増す空間です

6・7階の「フェスティバル劇場」
コスタビクトリア劇場
毎晩、様々なSHOWが行われています。想像以上に本格的で、必見プログラムでした
これを見ないと、1日が終わらないっ

7階の「モンテカルロ・カジノ」
コスタビクトリアカジノ
通過するばかりで利用せず。カジノをやっている人も、ほぼ見かけなかったけれどね。

6階の「ロックスター・ディスコ」
コスタビクトリアディスコ
夜な夜なパーティーが開かれているそうですが、ディスコに興味ないので、参加せず…

6階の「オルフェス・グランド・バー」
コスタビクトリア船内
このバーを通路としてよく使いました
生演奏を楽しめる、ステキなBARです(通過しながら聞いていました)
最終日、サランちゃんと2人で「秘密の女子会」をここで開催。ノンアルバナナジュースをいただきました(カワイイ女子会でしょ

インフォメーションセンターがある、前方のエレベーター前広場。
コスタビクトリア船内
吹き抜けになっていて、高級感が漂います

一通り歩き終えたので、デッキに出てゆっくり本を読みました
これもやってみたかったことの1つ。観光をせずに本を読むなんて、とんでもない時間の無駄をしているようですが、猛暑日に去年も行った境港の街を歩くより、この方が贅沢な時間の使い方をしているでしょ
そもそも、今回の寄港地は、行ったことがある都市ばかりで、船以外に魅力はなかったのよね
明日の釜山、どこに行くか考えたり、居眠りしたり…、12時までデッキで過ごしました


コスタビクトリアの船内を楽しもう~その2に続く
関連記事

テーマ : 船の旅(クルーズ)
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

サイトマップ(記事一覧)
プロフィール

kenny.A

Author:kenny.A
トラベル・トラブルなんでもこ~い(^ω^)
旅をこよなく愛するkennyの旅ログです♪
旅への飽くなき執念で、仕事の
合間に短期旅行を続けています。
諦めるなかれ、社会人!!
思い立ったら吉日。
このブログが、旅への一歩となりますように。

詳細プロフィールはこちら

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。